食品技術士センターとは?

・技術士とは

 技術士制度は、文部科学省が所管し優れた技術者の育成を図るための国による資格認定制度です。技術士は、技術士法に基づいて年1回行われ21の技術部門から選択して受験する、国家試験に合格・登録した人だけに与えられる資格です。

 

科学技術に関する高度な知識と応用能力を備えていることを国によって認められた者であり、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威ある国家資格です。

 

技術士につきましては、受験資格・方法などが掲載されています「(公社)日本技術士会」のホームページを参照下さい。

 

・食品技術士センターとは

 食品技術士センターは昭和44年10月公益社団法人日本技術士会内の食品工業関連技術士20数名が集まって発足され、現在は公益社団法人日本技術士会の登録グループに位置付けられています。

 

食品技術士センターは、公益社団法人日本技術士会に所属する農業、生物工学、水産、化学、経営工学、機械、衛生工学、上下水道、応用理学の各専門分野および総合技術監理の技術士・技術士補約160名が部門横断的に結集した登録グループで、各種活動を通して食品業界の技術向上(安全や法令順守を含む)に寄与することを目的にしています。

 

技術士試験との関係では、食品業界に関係の深い部門は、「食品」という技術部門は設定されていませんので、農業であれば農芸化学、水産であれば水産加工等の選択科目で受験・合格した専門家です。

 

また、食品の開発・製造加工、衛生管理、設備、機械、バイオ、環境対策、省エネ、マーケティング、知的財産管理や食品製造機械やHACCP適合の新工場建設に関する経験と情報に詳しい会員もいます。

尚、入会を希望される方は、問い合わせページよりその旨記載し、送信してください。当センター担当者より入会方法につきご連絡を差し上げます。

 

 

・食品技術士センター会員の研鑽

当センターは、会員のために、毎月一回の定例講演会、またパネルデスカッションや工場見学研修会を開催し、内外の専門家講師から新しい技術情報を習得して会員相互の情報交換を行っています。これに加えて他の技術部門や行政機関などの会合、講演会等に出席して継続研鑽(CPD)に努めています。

 

・食品技術士センター会員の構成

食品技術士センターの会員の年齢構成は、60歳未満の会員が3分の1、残りの3分の2は60歳以上です。60歳未満の会員は主体が企業内技術士ですが、公設の研究機関や教育機関の技術士として活躍しています。これらの技術士は、退職後、独立技術士として技術士事務所を開設して、コンサルタント、技術顧問、あるいは自ら起業して全国で活躍しています。

 

・食品技術士センター会員のコンサルタント活動

国内外を問わず、食品産業におけるあらゆる技術的課題について、コンサルティングや技術協力のご要請があれば、専門技術士が厳格な守秘義務などを厳守の下に、責任を持って問題解決に尽力致します。

更に詳しい業務内容詳につきましては「業務案内」欄をご覧頂き、お気軽にご相談下さい。

 

 

食品技術士センター規約(2017年総会承認).doc
Microsoft Word 53.0 KB